トップに
戻る

散骨とは

通常、個人のご遺体は火葬され、骨壺に個人の遺骨を入れてお墓に納めますが、
散骨は個人のご遺体を火葬した後の遺骨をお墓に納めず、
海や山など自然に撒くことです。

 

近年、終活も盛んになり、お墓は不要、お墓に入りたくない、
自然に還りたいと言った声をお聞きすることも多くなってきました。

 

また、お墓に入れない、お墓を持てないという方もいらっしゃいます。

 

散骨とは そのような方々にも散骨葬は最適な葬送ではないでしょうか。

海外では散骨が怪しいものではなく有名人をはじめとして多くの方々が
散骨を行っておられます。

 

日本で散骨して法に触れないのかご心配の方もいらっしゃると思いますが、
散骨の方法に関しては、法的なルールはまだ整備されていないのが現状です。

 

散骨される方が節度をもって行うということ、自主判断に任されているのです。

 

誰でもどこにでも散骨して良いというわけではないのです。

 

弊社の海洋散骨は神戸港を熟知した者が漁場や海上交通の要所を避けた海域で行います。